一石五輪塔
五輪塔とは、 仏教で万物を構成するとされる『空・風・火・水・地』の五輪を表したもの。普通は、それぞれの要素に対応する、複数の石を用いた石塔が一般的ですが、こちらは高さ1mほどの1個の石に五輪が彫り込まれていて、大変珍しいものです。 石造阿弥陀三尊坐像に隣接して存在しています。
 

▲Topへ戻る