木造如意輪観音坐像
串間市本城の広護寺に所在する、高さ28.9cmの像です。像の中心部は平安後期の製作で、江戸時代に両手と膝を補足し、漆箔を施したと考えられています。非常に精巧な作りです。

▲Topへ戻る