東大寺大仏殿瓦木型
奈良の瓦屋・石井氏が、江戸時代の東大寺大仏殿再建に際して寄進した軒丸瓦の文様木型と伝承されています。石井氏は、代々奈良で瓦師をしていましたが、明治初期に串間の本城へ移住され、当地で瓦屋を営んでいたそうです。『東大寺大仏殿』の文様が読み取れます。

▲Topへ戻る