旧吉松家住宅


 
吉松氏について

 
施設概要

 
ご利用案内

 
各種イベント

 
ボランティア募集中

 吉松邸ブログ

 ページトップへ戻る

 

 
 豊臣秀吉の九州征伐に敗れた秋月種長が、甘木(福岡県)から
高鍋・串間へ配置替えとなった時、秋月氏に従って串間へ入ったと
伝えられています。江戸期を通じて武士格の家柄であり、幕末期に
吉松卓蔵が市木川北郷の庄屋となって串間の歴史に登場します。

 長男の忠敬、孫の忠俊と、三代にわたり材木商いなどで財を成し、
政界にも進出して、地域の政治・経済の牽引役を果たしてきました。
旧吉松家住宅は、その全盛期にあたる大正年間に建築されました。



吉松(輪違い)
 

○吉松卓蔵(よしまつ たくぞう)
 市木川北郷庄屋を務める。戊辰戦争や西南戦争にも従軍。
 初代福島村長

○吉松忠敬(よしまつ ちゅうけい)
 北方村長、福島村長、県議会議員、衆議院議員を歴任。
 国鉄日南線の敷設に尽力。

○吉松忠俊(よしまつ ただとし)
 福島町長、県議会議員を歴任。

※串間市が誕生する以前、現在の串間市街地周辺は、むかし
   福島村、福島町と呼ばれていました。